エンジン装置の仕組みと役割について

 

自動車用エンジン装置の仕組みについてお話しします。
 エンジン内(燃焼室)で燃料(混合気)を燃焼させると大きなパワーを発揮し、それを駆動力に伝達し、装備品の電力へと変換する元になります。
燃焼室ではインテークバルブから混合気が送り込まれると、これをピストンで圧縮し、スパークプラグで点火させ、爆発(燃焼)後に排気バルブからエギゾーストマニュホールドに送り込まれ排気ガスとして排出されます。
ピストンの上下運動はコネクチングロッドによりクランクシャフトに伝達されると車輪の回転力へと伝わる仕組みでエンジン役割を果たします。
エンジンはクランクシャフトやカムシャフトをプーリーと繋ぐタイミングベルトを介してカムシャフトを動かすことで、インテークバルブから混合気が送り込まれ、排気バルブを作動させ、排気して、エンジンを冷却するためのオイルポンプやウォーターポンプもタイミングベルトにより同期されて作動しています。
エンジン始動が冷却・吸入・排気などを担い、またプーリーを駆動させることで、ラジエーターの冷却ファンが駆動し、オルタネーターの駆動やパワステオイルポンプの駆動も関連してきます。
このようにエンジンは他の機関と共に互いの役割を担うため、多くの部品で構成されています。

 

コメントは受け付けていません。