エンジンの構造の違いを知ろう

 

車のエンジンには構造の違いによって、いくつかの種類に分けることができます。多くの車で採用されているのは、DOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)式の車です。これは、吸気側バルブと排気側バルブの2本のカムシャフトを持ったもので、高回転、高出力が可能となります。これに対してカムシャフトが1本しかないのが、SOHCは(シングルオーバーカムシャフト)です。以前はこのタイプが主流でした。DOHCほど高回転、高出力は難しくなりますが、費用を抑えることができるメリットがあります。

また、最近徐々に増えてきているのが直噴式です。普通は、空気と燃料を一緒に混ぜてピストンシリンダーに取り入れて燃焼させますが、直噴式はピストンシリンダー内に空気だけを送り込み、後から燃料を直接噴射して燃焼させます。直噴式は出力がアップし、同時に燃費も向上するという特徴があります。さらに、スポーツカーなどで搭載されることが多いのは、高出力のターボチャージャーです。これは排気量を変えることなく出力だけを上げることができます。燃費は悪くなりますが、気持ちの良い加速を楽しむことができます。このような構造の違いを意識しながら車を選びするのも楽しいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。