キャブレターとは

 

キャブレターと言うのは、ガソリンタンクにあるガソリンを霧状にするとともに、空気と混合してエンジン内部でガソリンが燃焼しやすい状態にするための装置です。ガソリンで動くものならば、自動車でもバイクでも使っています。それでは、どのようにして、ガソリンタンクに入っているガソリンを霧状にするのかと言うと、その原理は霧吹きとほぼ同じです。
エンジンが回転すると、シリンダー内部のピストンが下がり、それとともに吸気用のバルブが開きます。すると、空気とともに霧状になったガソリンがエンジンのシリンダー内部に入ってくるのです。この時の空気は、エアインテークからベンチュリーと呼ばれる流路を絞ったところを通過しますが、そのときに、ベンチュリー効果によって、空気の流速は上がります。空気は、ベルヌーイの法則と呼ばれる法則に従って、流速が速くなると圧力が低下します。そして、圧力が下がることで、ガソリンがタンクから吸い出され、霧状になって空気と混合されるのです。
しかし、ガソリンが幾らでも空気と混合すればよいわけではないので、一定量のガソリンだけが空気と混合するように、フロートチャンバーという構成品があって、この構成品の内部のガソリンを空気は吸い出すわけですが、フロートチャンバー内部のガソリンの量は一定に保たれるような仕組みになっています。

 

コメントは受け付けていません。